本文へスキップ

正蓮寺大日堂のホームページへようこそ

 重要文化財正蓮寺大日堂
正蓮寺大日堂は廃寺真言宗高野山派仏起山普賢寺の本堂で、普賢寺の創建年代については全く明らかにすることはできないが、その建立年代は棟札により文明10年(1478)の再建であることが分かっている。
昭和30年~31年度の大修理時に、大日堂地下の地層状態、鎮壇具の有無等を調べるため、仏壇地下の発掘調査が行われた結果、現大日堂よりも奥行のやや深い前身堂の遺跡が発見され、その創建は鎌倉時代を降らぬものと思われる
前身の大日堂の旧地表には一面に焼土が見られ、前身の大日堂が焼失していることが明らかになった。罹災の事情は分からないが、鎌倉時代末から室町時代にかけて、高市郡(小綱町は橿原市になる前は高市郡に属した)は越智一族の勢力下にあり、永享頃(1429~1441)高市郡一帯に幕府軍と越智氏の多年にわたる激しい争闘があったらしいので、兵火によることも考えられる。

現在の大日堂は昭和の大修理時に発見された墨書銘によれば、康正2年(1456)既に再建が始められている。併し一応の完成を見たのは、棟札に示すように文明10年(1478)で、方30尺足らずの小規模な建物でありながらその完成に実に30年の歳月を費やしたのは応仁の乱等の当時の不安な社会を如実に反映したものと思われる。

その後、江戸時代初頭に、柱の抜替等に及ぶ相当の大修理が行われているのを始めとして、江戸時代を通じ数度の修理改造が加えられていた。

江戸時代末期になると、普賢寺は今井を中心として南大和に勢力を張っていた浄土真宗に圧倒され、僅かに留守居僧を置いて細々と法燈を伝えていたが、明治の廃仏毀釈により普賢寺が廃絶することとなり、明治7年には無住となり、仏体は隣接する真宗興正派正蓮寺に合祀し、大日堂は一応売却の形をとった。(明治7年無住無檀廃寺願により金13円50銭で地元住民が落札した。因みにあの有名な興福寺の五重塔は廃仏毀釈の法難に遭い、25 で売りに出され、薪にされようとしていたが、最終五重塔は250円で買い手がついたという。大正8年正蓮寺より「明細帳記載漏」の故を以て脱漏編入願が提出され、当時の木田川奈良県知事の許可を得て大日堂も又正蓮寺の管理に帰した


文明10年(1478)の再建になり、その形態もよく整い、室町中期の年代の明かな堂宇として、昭和18年6月9日国の重要文化財に指定されたが、永年の荒廃に軸部はゆるみ、屋根の雨漏りも生じて、憂慮すべき状態となったため、昭和30年~31年度約1年半の歳月と、国庫並びに県その他の補助を受けて(当時のお金で修理工事費約798万円。現在の時価で約1億8800万円で解体修理が行われ建立当時の姿に復元された。
堂は三間四方で寄棟造本瓦葺。一辺28尺余の小規模なものであるが、前面一間を礼堂とし、後方二間の内陣後方より四本の柱に間込まれた厨子を設けて本尊をまつっている。

正背面中央間は12尺、両脇間8尺として、中心性を与え、厨子の正面幅をこれに合わせている。
側面は前方より10尺、8尺の間につくって、前面の礼堂を広くとるようにしている。内部床張りで、周囲に縁をめぐらし、正面に向かって右端の隅柱から側方へ脇障子を出して縁側を仕切っている。円柱上に舟肘木をのせ、一軒の軒を出した簡素な構造であるが、正面3間に浅唐古石を入れ、側面両端、背面中央間には扉構えを作りながら、片引戸を入れている。これは工事途中の変更とみられる。内部は全面に棹縁天井を張り、礼堂と内陣境には格子戸を設け、中央間には吹き寄せ菱格子の欄間を入れる。
厨子は前面下方に仏壇風にあしらい、浅唐古両開きを入れ3方を板壁とする。
ただし、この扉溝は全部新しく、元禄五年の補加と見られ、元は開放であったと思われる。
こうした極めて簡素な堂であるが、不要な飾りを一切しりぞけて必要最小限をみたし、間取りなども実用的にずばりと作られている。
  
 昭和30年の解体修理前の正蓮寺大日堂記録写真
平成の大修理記録写真 
 
 正蓮寺と正蓮寺大日堂
上記事情により明治の廃仏毀釈により普賢寺が廃絶し大日堂は競売にかけられ、地元が13円50銭で落札して現在に至るが、大正8年「明細帳記載漏」の故をもって脱漏編入願を提出して大日堂は正蓮寺の管理に帰してるが、正蓮寺は浄土真宗の寺院で元普賢寺は真言宗と宗派が違い、便宜上「正蓮寺大日堂」となっており、実質は地元の自治会が廃寺として全ての管理を行っている。 
 
堂内の仏像 
堂内には重要文化財大日如来座像はじめ、平安時代後期作の多聞天や持国天。八頭身武人の子安地蔵や空海像等の多くの文化財が収蔵されています。
堂内の仏像を詳しく見る
国指定重要文化財大日如来座像

八頭身武人の子安地蔵 

 持国天(平安後期作)

多聞天(平安後期作)

 
 猫入り涅槃図
堂内には全国で10数例しかないと言われる猫が描かれた「猫入り涅槃図」のレプリカが掲示されている。
今から約275年前に当時の檀家から寄贈されたもので、涅槃図はそもそも年に一回のお釈迦様の涅槃の日に執り行われる「涅槃会」で掛けられるもので、しかも正蓮寺大日堂の「猫入り涅槃図」は正蓮寺大日堂が幕末頃に廃寺になっているので殆ど掛けられることがなかったので色鮮やかに残っている。
見学者の本物が見たいと言う要望が多く、毎年秋の彼岸の前後「猫入り涅槃図特別公開」を行っている。
●猫入り涅槃図の詳細は
 △トップページ
 棟札
大日堂は文明10年(1478)上棟の棟札を有する方三間寄棟造の堂であるが、昭和30年~31年の大修理で、建物解体の結果、各所から康正2年(1456)、寛正3年(1462)、寛正4年(1463)、文明17年(1485)等の多数の墨書銘が発見され、方30尺足らずの小規模な建物でありながらその完成に実に30年の歳月を費やしている。時代は応仁の乱の直後で世相混乱で当初の計画通りに完成するに至らなかったことが分かった。
大日堂の棟札は大日堂が昭和18年6月9日国の重要文化財に指定されたときにその付属物として一緒に指定された。
正蓮寺大日堂資料室でご拝観下さい。
 
極楽寺の門  昔の小綱町には宗派が違う3つの寺院があった。 
昔の小綱町には真言宗・浄土宗・浄土真宗の3つの宗派の寺院があった。明治の初め頃の小綱町は50戸余りの環濠集落の寒村であったので寺院の数が多いことが分かる。(戸数、安政5年時54戸・明治15年時60戸)
(1)真言宗高野山派仏起山
普賢寺は明治のはじめ頃無檀(檀家が途絶えること)となり廃寺となって、廃仏毀釈により一応売却の形をとったが、13円50銭で地元住民が落札して、その後寺名を「正蓮寺大日堂」に変更して現在に至っている。
(2)浄土真宗興正寺派の
正蓮寺は大日堂南にある。
(3)浄土宗鎮西派の
極楽寺は高取浄土宗鎮西派西光寺の末寺として現在の三寶大荒神のあたりにあった。その後飛鳥川の度重なる氾濫で流失し、その門だけが入鹿神社境内に移築され現存している。およそ350年前にその流失したあたりから小さな三面六臂の木彫りの仏像が発掘され、それを安置しているのが現在の三寶大荒神である。

●奈良県高市郡高取町  浄土真宗鎮西派「西光寺」   
龐居士と霊昭女の掛け軸 5
龐居士(ほうこじ)・霊昭女(れいしょうじ)掛け軸
小綱町は最近まで「小綱いっかき」という竹笊(たけざる)を農家が作って売り歩く竹籠の産地でした。
正蓮寺大日堂内に 竹を編む老人と竹籠を携えた女性の掛け軸がかかっています。
これらの掛け軸は、つい最近まで小綱町が竹籠の産地であったため、竹籠製造者が寄進したものと思われます。
その掛け軸に描かれている老人は、、龐居士(ほうこじ?‐815)と言い、中国,唐代の仏教者で名は蘊(うん)。
衡州(湖南省衡陽)の人。
在家(出家しない僧)ながら仏道修行の日々を送り、晩年は家族と襄陽の鹿門山に住み,禅風を起こし、竹篭を作って、それを売って生活の糧にしたと言われています。
家族を持ちながら仏道修行を続けたと言う。
「霊昭女(れいしょうじ)」とは、中国唐代の龐居士の娘の霊昭のことで、龐居士に劣らぬ禅学者であったが、貧しいため竹籠を売って生計を支えていたと言われる人物。

 
 その他収蔵物
  正蓮寺大日堂内には廃寺真言宗高野山派普賢寺に安置されていた仏像や掛け軸等の寺宝が沢山伝わり陳列されている。
地蔵菩薩像・閻魔天像・弁天像・誕生仏・
普賢寺元住職位牌・元檀家の位牌・昭和30年の御堂大修理時に地下から発掘された土器や瓦類・「猫入り涅槃図」等々が陳列されている。
 このページのトップに戻る  ホームページのトップ画面に戻る

バナースペース





〒634-*0811
奈良県橿原市小綱町335番地 
近鉄大阪線大和八木駅からの道案内