本文へスキップ

三寶大荒神のホームページへようこそ
 
三寶大荒神(すももの荒神さん)
大和(奈良県)の三大荒神の一つ

奈良県橿原市小綱町の「三寶大荒神」は奈良県の三大荒神の一つで、火よけ・交通安全を願う神社です。
御神体は小綱町の飛鳥川堤の三寶大荒神遺跡に祀られています。
伝えられる話しによると、遙か大昔飛鳥川堤防沿いにあった浄土宗極楽寺に安置されていたが、飛鳥川が度重なる洪水に見舞われ、極楽寺は流失し、荒神さんを祀ってあったこの地だけが残り、その後およそ350年程前にその地から三面六臂の姿の木造の像が発掘されました。
 大和(奈良県)の三大荒神
 橿原市小綱町
三寶大荒神社
(別名 すももの荒神さん)
桜井市笠
笠山荒神社
  
奈良県吉野郡野迫川村
立里荒神社
 
 例祭「すももの荒神さん」(ゆかたまつり)
例祭は毎年6月28日定例で開催され、すももの実の実ころ開催されるので、地元ではこの大祭を「すももの荒神さん」と呼んで、この地域では一番早い夏祭りとして多くの夜店もでて賑わいます。
又、この日から浴衣を着ると厄除けになつとの言い伝えから「ゆかた祭」
として開催され、多くの浴衣の子供で賑わいます。

 御神体の安置場所
ネット上の旅行記等で小綱町「三宝大荒神」のご神体は入鹿神社拝殿に普段は安置されていて、6月28日「すももの荒神さん」当日小綱町の飛鳥川堤の三宝大荒神遺跡に移動されるとの間違った記事が流れているようですが、正しくは小綱町の飛鳥川堤の三宝大荒神遺跡の社に常に安置されています。多くの皆様のご参拝をお待ちしています。

このページのトップに戻る   ホームページのトップ画面に戻る

バナースペース



〒634-*0811
奈良県橿原市小綱町335番地 
近鉄大阪線大和八木駅からの道案内