本文へスキップ

 涅槃図とは
お釈迦様は、35歳でブッダガヤにて尼連禅河(にれんぜんが)のほとり、菩提樹の下で悟りを開いてから45年間、インド各地を行脚して仏法を説き広められ、80歳になって、生まれ故郷へ向かう途中で、波婆城(はばじょう)にて純陀という人(鍛冶工の子)が布施として差し上げた茸料理に中毒され、体調を崩され、拘尸那竭羅(クシナガル)の跋提河(ばつだいが)のほとり、沙羅双樹のもとで入滅されました。釈尊の入滅を「涅槃に入る」といいます。お釈迦様は旧暦2月15日(新暦3月15日)の満月の日の真夜中に北枕でお顔を西に向けて入滅された。
死期の近づいたお釈迦様は、集まった弟子や信者に対して「私の説いた教えを守り、己を信じるように」と最後の法(おしえ)を説かれた。
その模様は「涅槃経」に記されており、それに基づいて画かれたのが「釈迦涅槃図」である。
お釈迦様は、涅槃( 死 )の為に8本の沙羅双樹の中を選ばれたのは、沙羅双樹にて仏の自在神力を示すためである。すなわち八本の沙羅双樹の内、4本はご説法が終わるとたちまちに枯れ、他の4本は青々と栄えた。これを四枯四栄という。世尊の色身(肉体)は涅槃に入りたまえど(四枯)、説かれし仏法は後世に残りて栄える(四栄)こという。
涅槃図 には お釈迦様 の涅槃 ( 死 ) を嘆き悲しむ大勢の弟子とともに、象や虎や孔雀など様々な 鳥獣 が描かれている 。
 
涅槃会とは? 
仏陀釈尊が入滅された2月15日にちなんで全国の寺院で行われる行事。
仏陀釈尊が入滅される前日の2月14日に「仏涅槃図」を掲げ、仏陀釈尊が最後に成された説法が記されているお経「首楞厳経(しゅりょうごんきょう)」などを誦読する法要。
現在では新暦の3月15日に行われるところもある。涅槃忌・常楽会などともいう。
涅槃会には涅槃団子が供えれれることも多い.
尚、正蓮寺大日堂は廃寺につき一切の宗教行事を行っていないため「涅槃会」は執り行っていない。
全国で10数例しかない珍しい「猫入り涅槃図」   
★左の写真をクリックすると拡大します。
昔から涅槃図に 猫 が描かれることはなかった。
“ 釈迦の使いである鼠を猫が食べたから ”とか , “猫は鼠にだまされて釈迦の涅槃 ( 死 ) に間に合わなかった“とか “ゆえに猫は干支にもいない“ とか “木に引っかかった薬袋をお釈迦様のためにネズミが取りにいこうとしたら、猫が邪魔をしたため、お釈迦様が薬を飲めずに亡くなられた“など諸説が伝えられている。

しかし、絵師が自分の飼い猫をそっと入れたり、依頼主が猫を入れてくれとお願いしたなどの理由によって、猫が描かれている涅槃図もあり、日本では十数例ほどしか確認されていないと言われている。ここ大日堂の涅槃図には左下に猫が描かれており、日本では大変珍しいものである。
この涅槃図は延享3年(1746)2月15日、今から約265年前に大和国十市郡豊田村(現在の橿原市豊田町)の吉村氏が寄進したと軸箱に記録されいる。
正蓮寺大日堂資料室でご拝観下さい。
●猫と涅槃図        
 正蓮寺大日堂の「猫入り涅槃図」の見方  
お釈迦様は2月15日の満月の日に、インドのクシナガルの跋堤河のほとりの沙羅双樹の林の中で、頭を北向きに横たわり入滅(死亡)されたと言われてる。その様子を描いたものが「涅槃図」で、宗派を問わずお寺には備えられている。
2月15日の前後(新暦の3月15日に行われるところもある。)には仏教寺院では「涅槃会(ねはんえ)」というお釈迦様の入滅を痛む行事が行われ、「涅槃図」を本堂に懸けてお団子を供えて供養をする。
写真をクリックすると拡大写真が表示されます。  
   
満月の日に
お釈迦さまは前478年(?)旧暦二月十五日(三月十五日)の満月の日に8本の菩提樹の木の下で入滅されました。お釈迦様の入滅を「涅槃に入る」と言います。
 
川のほとりで
インド・クシナガルの跋提河の8本の沙羅双樹の林の中でお釈迦さまはお亡くなりになりました
横たわるお釈迦さま
沙羅双樹の林の中で、頭を北向きに西に顔を向けて横たわるお釈迦様。

「頭北面西右横臥」
お釈迦さまは十大弟子の阿難に命じて、沙羅双樹の2本の間に、頭と北に向けて床を用意するように、「私は疲れた。横になりたい」頭を北に右脇をし知多にして、両足を重ねて静かに体を横たえました。
頭を北に向けて寝ることは、地球上の磁場と血液の流れが一致することにより一番安定した安らぎを得る状態であると言われています。
亡くなられた方を北枕に寝かすことはお釈迦さまお涅槃に準じています。
お釈迦さまの急を聞いてかけつける摩耶夫人
お釈迦様を産んで7日めに亡くなった摩耶夫人も、天上界から駆けつける。
摩耶夫人を先導しているのがお釈迦さまの十大弟子の阿那律尊者です。お釈迦さまの説法中に居眠りをしてしまったことを恥じて絶対寝ないという誓いをたてた人。
   
   
届かなかった薬袋
摩耶夫人
が天上界から錦袋に起死回生の霊薬を持って天隆する際に沙羅双樹めがけて薬袋を投げ落としました。
投薬」という言葉はこの故事が元になったと言われています。
その薬袋をネズミが取りに行こうとしたらネコが邪魔をした。 
白く変じた沙羅双樹
沙羅の木はお釈迦様が亡くなると、枝がおおうように上にかぶさり、右側の4本の木の葉が白く変わって、時ならぬ白い花が咲き、はらはらと散ったといわれています。これは、お釈迦さまが入滅されたことを人間や動物だけでなく、植物も悲しんだことを表しています。
一方左側の4本は青々と葉を広げ咲かせています。お釈迦さまが入滅されてもその教えは枯れることなく連綿と受け継がれていくことを表しています。
これを<四枯四栄>と言います。
嘆く弟子たち
おおぜいの弟子が取り囲んで嘆いています 


お釈迦さまの弟子のなかで、特に優れた10人の人たちを 釈迦の十大弟子 といいます。

お釈迦さまに触れる老女
多くの嘆き悲しむ人々の中で唯一お釈迦さまのお体に触れている人物がいます。
お釈迦さまに乳粥を施したスジャーター、またはお釈迦さまの教えを聞こうと訪れたが時すでに遅く悲しみに暮れる老女など諸説があります。
       
 卒倒している人物
お釈迦さまの側で悲しみの余り卒倒している人物がいます。
十大弟子で最も多く教えを聞いた「多聞第一」の異名をもつ阿難尊者です。彼は容姿端麗な人として描くことが多く、涅槃図においていかに阿難尊者を美男子に描くかが絵師の腕の見せ所です。
卒倒している人を介抱する人
卒倒した阿難尊者を介抱しているのが十大弟子の阿ぬ楼駄尊者です。実はこの阿ぬ楼駄尊者は阿難尊者と同一人物で、多くの弟子たちが悲しみに暮れる中阿難尊者だけはお釈迦さまの入滅の意味をよく理解し、お釈迦さまの葬儀を営んだ際の中心的人物だったと言われています。
唯一、供物を持っている人
お釈迦さまはこの純陀から受けた食事が元で亡くなったと伝えられており、一説には食材の中に入っていたキノコによる食中毒であったとされています。
しかしお釈迦さまは「私は純陀の食事によって寿命を迎えることができた。臨終の前に食事を捧げることは最も尊い行いなのだ」と諭したと言われています。
 沢山の動物も集まって
動物も集まって来てお釈迦さまの死を悲しんでいます.
お釈迦さまはインドでおなくなりになられたから像やラクダも集まってきて悲しんでいます。
 
迦陵頻伽
(かりょうびんが)
沢山の動物のなかで、この世で存在しない鳳凰や極楽浄土に住むと言われる迦陵頻伽も描かれている。
迦陵頻伽は頭が人、身が鳥で美声の鳥と言われている。
ただし、この世の人は見たこともない。

 涅槃図にねこを探そう
正蓮寺大日堂の涅槃図にはねこがいた!


正蓮寺大日堂「涅槃図」の左下にねこが描かれています。











クリックすると拡大します。
 薬袋と猫の関係

涅槃図に一般的に猫が描かれない理由として、沙羅双樹に引っかかった薬袋を、お釈迦さまのためにネズミが取りに行こうとしたら、猫が邪魔したため、お釈迦さまが薬を飲めずに亡くなったと言い伝えられています。
又、お釈迦さまが亡くなりそうだと最初に知ったのは牛で、そこで牛はネズミを誘いネズミを頭に乗せて駆けつけたが、途中で猫が昼寝をしていたので、ネズミは猫を快く思っていなかったので声をかけなかった。
グシナガラに着いた途端、牛の頭に乗っていたネズミは牛の前に飛び降りたので子(ネズミ)・牛・寅という十二支の順番が決まり、それ以後猫はネズミを追いかけるようになったと言う説もあります。

よって、涅槃図には一般的には猫が描かれていませんが、中には猫が描かれている涅槃図もあり現在日本で十数例見つかっています。
正蓮寺大日堂の涅槃図は「猫入り涅槃図」として大変珍しいものなのです。

「猫入り涅槃図」が見られる全国の寺院    
「猫入り涅槃図」は大変珍しいもので全国で現在10数例しか確認されていません。全国各地の下記寺院で拝観できます。
※公開日等は、変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
東福寺
京都市東山区本町15丁目778
「涅槃会」
3月14日〜16日

9:00〜15:30
(最終日は15時
涅槃図公開は無料
 
真如堂
京都市左京区浄土寺真如 町82
 
「大涅槃図」公開
3月





西念寺
三重県鳥羽市鳥羽4丁目4-19
「涅槃会」
2月

(仏涅槃図を開帳し、法要と小豆かゆ接待) 


龍光寺
三重県鈴鹿市神戸2-20-8

「涅槃会」 
「かんべの寝釈迦まつり」
毎年3月の第2土曜日から3日間にわたって行われる



林性寺
三重県津市榊原町5105
「涅槃会」 




広福寺
岐阜県関市東日吉町34
「涅槃会」
春のお彼岸の中日(3月21日)に執り行われる、お釈迦様を偲ぶ法要・涅槃会を挟んで、3月18日〜24日までの1週間のみ。 
 
東新寺
静岡県湖西市新居町浜名2660
   
東善寺
群馬県高崎市倉渕町権田169
「涅槃会」
2月15日
 

雙林寺
群馬県渋川市中郷2399-7
   
清瀧寺
茨城県土浦市大字小野1151
   
その他漏れ落ちがあるかもしれません。

バナースペース





〒634-*0811
奈良県橿原市小綱町335番地 


SNSのご案内
■正蓮寺大日堂facebook

■入鹿神社facebook

■小綱町自治会facebook