室町時代の小綱町からの贈り物

小綱町文化財保存会

〒634-0811奈良県橿原市小綱町

<公式ホームページ>
  I'm sorry. This homepage is a thing of Japanese indication. In this homepage,a link is free

【宮座】(後の「村座」)

小綱町にはかって、「宮座」という農村祭祀組織があった。
座は「当屋(とうや)年中行事帳」という小綱町保管書類を毎年持送り、これに記載されている年中行事を1年間勤めとして課していた。
座の年中行事のうち当屋(本座ともいう)の最も重要な行事は10月の「宮座」であって、これを「座の講中は村中」「村中で座をする」といっている。
「村中で座をする」とは村中の人が全員集まるという意味である。
ここで言う村中には次のような変化があった。
昭和59年当時の小綱町の戸数は約180戸でこれを8つの隣組に編成し、その内1組~7組が戦前までの農村にほぼ相当し、行事などでこの区域を村、村中と呼ぶことがある。尚参考までに平成28年は15の隣組が存在し戸数は約400戸である。
座は村(1組~7組)の家並みに1年交替で努める。しかし座を承諾することは義務でない。
次年度の座は村の初集会(自治会総会)で決定し発表されるから、それまでに本年度の座は次の座を前述の村の家並みの順に交渉・決定しておくことになる。
座の承諾を交渉する場合、1年間の座の年中行事の世話のできる男子のいる家であること、そして経済的負担、村人全員の招待などの条件が考慮されるので、交渉は家並みの順序に進まないことが応々にしておこる。
小綱町の座は大正末から昭和初期の頃にそれまで農家が中心のメンバーから、非農家の新住民の座を希望する家にも門戸を広げて座の年中行事は小綱町の村中全員が参加する「村座」と開放的になった。
座の年中行事は、1月の初参り(氏神様の入鹿神社の初詣)・大とんど、4月の節句、6月の野神祭、7月の田植祭(さなぶり)・10月の氏神祭(秋祭り)・宮座祭典、12月の正月準備等があった。
これらの祭事の準備を座の当屋(今年座を引き受けた家)と先座(昨年座を担当した家)と後座(来年の座を引き受けた家)の3つの家で伝統行事を伝承させるために行っていた。
その行事の中でも最大の行事は10月の「宮座」祭典であり、座を引き受けた家は村中の人や親族一統・村の長老一老・二老(村で一番高齢者の男性と二番目に高齢者の男性)を家に招待し、食事には松茸飯を供するのが慣わしとなっていた。
式典では、氏神様である入鹿神社の御神体を神主とともに夜間自宅に迎え入れ、招待者ともども神事をおこない、食事が終われば全員で行列をなして入鹿神社に御神体を送った。所謂「遷座式」である。
当然先座(昨年座を担当した家)と後座(来年の座を引き受けた家)の3名の男性は白装束に身を包んだ。
これらの費用は一部「村持ち」といって村(自治会)から援助があるが、当屋(今年座を引き受けた家)の負担も大きなものであった。
約20年ほど前に小綱町の「宮座」(後の村座)は当屋を引き受ける家が無くなり途絶えた。 

■宮座とは
氏子の一部によって組織され、氏子の中の一定の人々が中心になって氏神の祭祀を行う特定集団。近畿地方を主として西日本に多い。室町時代から顕著になった。宮仲間・宮講とも言う。
「宮座」に招かれる長老は、神にも等しい存在と崇められた。
現在でも昔のような閉鎖的な「宮座」を守るものも少数ながら存在するが、村民全員で行う「村座」へ移行されるものや、更に「宮座」の解体・郷土芸能・民族芸能の「保存会」などの新たな形態の組織に転換される事例も増加している。
  平成7年当時の宮座行事と役務分担表 


当屋(とうや)の正装 当屋(とうや) 当屋(とうや) 
 神社での神事  当屋(とうや)での神事  神社での神事の後供物の鯉を堀に放つ 
★写真をクリックすると拡大します。

【野神さん】(ノグチサン・ノグッツアン) 
古くから小綱町では、農耕の守護神として田植え前の旧暦5月4日(新暦では6月4日)に豊作や農耕の無事を祈る「野神行事}(ノグチサン)が、上記の通り今は無くなった宮座(後に村座)という農村祭祀組織で運営されていた。
信仰の対象は野神塚(のうじんつか)の野神(のがみ)さんであり、野神塚は小綱町字室田137番地と138番地の合筆の田の南東隅、旧農道に沿った場所にある。(小綱町の野神塚の位置参照)
その野神塚にはヨノミの大木があり、その木の前で野神を祀っている。
野神塚(のうじんつか)には白い蛇が棲んでいるといい、見た者もあると聞く。
「昔蛇が出て田を荒らしたので、神に祈るから田を荒らさないで欲しい」というのが野神信仰の始まりと思われる。
■行事の内容   
                       ※写真をクリックすると拡大します。
6月4日昼食後、当屋(今年の座の担当者)と先座(昨年の当屋)と後座(来年の当屋)と神主・村総代が当屋の家に集まり野神祭りの準備・祭具作りをおこなう。
*蛇(ジャ)作り
蛇は、大きめの餅藁(もちわら)の束の株の方を蛇の頭にして、三つ編みの要領で編み、材料の餅藁12把(閏年は13把)を全部使って作る。
蛇の長さは約5m、太さは約20cmになる。
蛇綱を乗せる竹の輪(竹籠)は、割り竹(ひごの幅約3cm)を直径約1mの輪に作り、その中に割り竹を十文字に固定したものを作る。
蛇綱をドクロ巻きに置き、竹の輪(竹籠)に荷縄をつけて、先座(昨年の当屋)と後座(来年の当屋)の二人が青竹の「おうこ」(天秤棒)で担う。
当屋(今年の座の担当者)は画用紙に牛と農具(鍬・鋤・鎌等)の絵を描く
野神塚にまつる御幣は約1mの青竹で神主が作る  
当屋(今年の座の担当者)は、供物(かわらけに洗米・塩・ローソク・香水・神酒を並べる)を用意する。   
全ての準備が整ったら野神塚に出発する。
野神塚(のうじんつか)への順序は、先頭に当屋(今年の座の担当者)が牛や農具を描いた画用紙と供物(かわらけに洗米・塩・ローソク・香水・神酒)を三方に乗せて持ち、その後に神主、先座(昨年の当屋)と後座(来年の当屋)の二人が作った蛇綱を青竹の「おうこ」(天秤棒)で担い、その後に村総代が続く。
また、昼間であるが提灯を持参した時期もあった。
野神塚(のうじんつか)に向かう一行に、学校から帰った子供達は田に生えている麦の畝の中に隠れていて、土や泥を投げつけてあばれることになっていたので、野神塚(のうじんつか)に向かう一行は手ぬぐいでほうかぶりした。
昔は小綱町でも二毛作で麦の栽培がなされていた。
  
野神塚(のうじんつか)に一行が着くと、ヨノミの大木に持参した絵をピンで貼り付け、その前に蛇綱をかついできたままで置く。
そして供え物をして、神主の祝詞、一同玉串の幣を供えて礼拝は終わる。
 
神事が終わると蛇綱をヨノミの大木に巻き付け、次年度の野神行事まで1年間架けておく。  
全ての神事が終わり当屋が家に戻ると、子供達に作っておいた串団子を配った時期があったが、戦後、この仕来りは自然にやらなくなり、代わりに子供達に菓子を配った。
このように子供達にとっても野神さん行事は楽しいものであった。
この小綱町の野神行事は、前述のようにそれまで「宮座」(後に村座)が運営していたが、約20年ほど前に「宮座」(後の村座)が途切れた以後は、地元の水利組合が中心となってお祀りしていた。
その後農家戸数の減少に伴い、平成27年より町内の伝統文化財(有形、無形)を正しく後世に伝承することを目的に設立された小綱町文化財保存会が引継いでお祀りしている。
野神塚(のうじんつか)の管理は小綱町自治会が行い、行事の運営を小綱町文化財保存会に委託している。
■国選択無形民俗文化財
野神は稲作農耕の守護神の一つとされ、農神・ノツゴなどとも呼ばれて、全国的に広く信仰されてきた。
野神に関わる行事は、特に大和盆地や琵琶湖周辺に顕著な分布を示すことが知られている。
大和の野神行事は端午の節供に集中し、子供集団が主体としてなされる事例が顕著であるが、その実態は蛇(ジャ)と呼ばれる藁の作り物を毎年製作し、それを担いで村回りをしてから野神に供えたり、あるいは新たに鍬・鋤などの模型や絵馬をつくって奉納するなど、伝承地によって相違する。かっては役牛を曳いて野神に参り絵馬をいただいて帰るという習俗もあった。
昭和58年12月27日付けで文化庁により「記録作成等の措置を講ずべき無形の民族文化財」として「大和の野神行事」が選択され、奈良県下14ヶ所の野神行事が指定され、小綱町の「野神行事」はその内の一つである。
国選択無形民俗文化財
 
●大和の野神行事
     
 
銘板
     
■近隣の野神行事 
*橿原市五井町の野神さん  
*橿原市上品寺町の「シャカシャカ祭」 
*橿原市地黄町の「すすつけ祭」 
 (現在は非開催)
*大和高田市今里の「ノゴト」 
*大和高田市野口の「蛇穴の汁かけ・蛇綱ひき」 
*奈良県磯城郡川西町下永西城の「キョウ」 
*奈良県磯城郡田原本町今里の「蛇巻き」 
*奈良県磯城郡田原本町鍵の「蛇巻き」 
*奈良県磯城郡田原本町矢部の「綱掛」 
*天理市新泉の「野神祭」 
 ■平成29年 小綱町「野神さん」復活
■2017.6.4 伝統行事復活「野神さん」
長年途絶えていた小綱町の伝統行事「野神さん」を子供向けイベントとして復活して開催しました。
小綱町の子供達が縄で作った蛇を担いで野神塚まで運び、神木に架けて1年間の農耕の無事と五穀豊穣を祈願しました。
その後入鹿神社境内に戻り子供達は青少年ボランティアが作る綿菓子やポップコーンをいただき、自分の顔が入ったカンバッチ作りを楽しみました。

↓写真をクリックすると拡大します。  

 
 
OP
正蓮寺大日堂

リンク
だんじり

入鹿神社
昭和の大修理
平成の大修理

猫入り涅槃図
小綱町文化財保存会
小綱町の伝統行事
すももの荒神さん
見学申込
プライバシーポリシー
大日さん 
アクセス
小綱町


 
















小綱町文化財保存会県橿原市小綱町